すっぱい梅干しの理由と美味しい食べ方は?賞味期限はあるの?

最終更新日:2015/04/26

買ってきた梅干しが、驚くほどすっぱかった!

そんな経験はありませんか?

買ってきてしまったのだから、やはり食べないともったいない。
そんな風に我慢して食べるのは避けたいところです。

美味しく頂くのが一番ですからね。

と、いう訳で、買ってしまってからでも何とかできる。
そんな方法と、更なる効果もお教えします。

スポンサードリンク



すっぱい梅干しに理由はあるの?

梅の実には、クエン酸が含まれています。

これは、疲労回復には大変いいのですが口に入れるとすっぱさが広がるのが特徴です。
これが梅干しが「すっぱい」原因です。

つまり梅干しは、すっぱくなるのではなく、元々すっぱい果実なのです。

このクエン酸の効果で胃が刺激され、胃酸がでて、夏の暑さでも食欲増進に繋がるというメリットがあります。

さらに、さっぱりした味が、乾いた口にも唾液を呼び出して食べ物を咀嚼しやすくしてくれます。

しかし保存のために塩漬けにしますので、どうしても塩分が高くなり、しょっぱくなります。
保存食としては必要なことで、梅干しの塩分はミネラルも豊富で熱中症の対策にも効果的です。

そうは言っても梅干しのすっぱさやしょっぱさは、苦手な人にとっては苦痛にしかなりません。
特に小さいお子さんには、まだ刺激が強い場合が多いです。

効果はそのままに、少しでもすっぱさ、しょっぱさを感じない食べ方はあるのでしょうか?


umebosi4


すっぱい梅干しの食べ方 ~アレンジレシピ~

 ●すっぱい梅干しには、熱を加える事が効果的です。 

 梅干しの塩抜き をしてみましょう。
単純に、梅干しが漬かる程度の熱湯で数分加熱します。

梅干しのすっぱさは、梅干しの成分「クエン酸」が原因です。
この方法では、塩分が抜ける事の他に、熱が加わる事でクエン酸と糖が結びつき、「ムメフラール」という成分が生まれます。
熱を加えないと生まれない貴重な成分で、血流の改善が期待できます。

 焼梅茶漬け 
梅干しを焼く事で酸っぱさの原因「クエン酸」が先述しました「ムメフラール」に変わります。
また、お茶漬けは梅干しの塩気(しょっぱさ)を緩和させてくれます。
昆布茶で食べると一層うま味が引き立ちますよ。



 ●梅干しのすっぱさを活かす方法もあります。 

 梅干しのドレッシング 
すっぱさを活かした調味料にしてしまいましょう。
種を取り、細かく刻んだ梅干しに、鰹ぶし・お酢・砂糖・油を多少の水で溶き、混ぜ合わせます。

ゆでタコやパスタ、焼き鳥などにつけると夏の食欲が無い時期でもあっさり美味しく頂けます。

 梅干しおにぎり 
種を取った梅干しを細かく刻み、塩を使わずに梅干しをおにぎりに混ぜます。

ご飯によりすっぱさが緩和されますし、量を調整する事ですっぱさの調整も出来ます。
また、梅干しには殺菌効果が期待できますので、お弁当などにおススメで、その際はご飯の中に入れ込むよりも混ぜ込んだ方が、効果が高いと言われています。



 ●梅干しの効果を活かしましょう。 

 魚の煮付け 臭い消しに 入れます。
どんなにすっぱくても、梅干しの効果に代わりはありません。
また、熱を加えるのでやはりすっぱさが緩和されます。

 肉を焼く、煮る時 に使う。
お肉が柔らかくなります。
特に豚肉と梅干しは相性がいいので、一緒に混ぜて炒めるとすっぱさも緩和れ食欲が進みます。

 ご飯を炊くとき に一粒入れます。
ふっくらマイルドに炊き上がりますよ。
お酢を入れるのはよく聞きますが、同じような効果があります。

スポンサードリンク



梅干しに賞味期限はあるの?

本来、梅干しは保存食ですので賞味期限は存在しませんでした。

しかし、最近ではダシ入り、はちみつ漬け、減塩など加工されていたり、保存料・着色料などを添加された物が多く出ていて、それらは空気に触れる事で雑菌などが繁殖しやすく、腐りやすいので、賞味期限を設けるよう定められました。

よくTVなどでみかける「○○年物の梅干し」などは誇張などではなく、昔ながらの「塩のみ製法」で作られた物なのです。

※保存場所や保存方法、気温によっては塩のみで作られた梅干しでもカビが生える事があります。注意しましょう。



まとめ

クエン酸は疲労回復効果がありますが、味覚にすっぱさを感じるので、苦手な方も多いようですね。

そんな時は「熱」を加えると、クエン酸が軽減されてすっぱさの緩和に繋がります。

ただし、加工する訳ですから保存期間が短くなると考えて下さい。
熱を加えた後は早めに食べてしまうようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑