小学生の夏休み自由研究テーマ天体観測 ペルセウス座流星群と観測法

最終更新日:2015/05/18

夏休みに入ると開放的な気分とは裏腹に、宿題が山積み。
小学生といえど、なかなか休まる日々はありません。

そんな中でも頭を悩ませるのが「自由研究」。

自由と言われても、何を研究すればいいのかわからない。
そんな小学生は多いはず。

そんな君たちに、ひとつの提案をしましょう。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク



小学生の夏休み自由研究テーマは何がいい?

夏は、夜も寒くないので天体観測にはもってこいの季節となります。

tentai4

特に夏休みの間は、多少の夜更かしをしても生活リズムを取り戻す調整が出来ますので、この時期子供の天体観測にはまさにおススメです。

各地でも様々なイベントが行われますし、そちらに足を運び、楽しみならが勉強するのもよろしいかと思います。

プラネタリウムなども、普段自分が眠っている間の星の動きが確認できるので良いですよ。


そこで学んだことや覚えた星座の名前位置などをまとめて、立派な自由研究レポートを作りましょう。


※自由研究についてのまとめ方は、「夏休みの自由研究小学生や中学生の年齢別に合うテーマとは?」を参照ください。



夏の自由研究におススメの天体観測はペルセウス流星群

では、夏の天体観測ショーで最も手軽に行えるものと言えば、やはり流星群の観察でしょう。

夏にある流星群を調べ、観察し、感想(結果)をまとめる。

これだけでも十分立派な自由研究の出来上がりです。

tentaikansoku2

ちょうど、7月後半から8月にかけて「ペルセウス流星群」が活発になります。

「ペルセウス流星群」については、自分で調べてみて下さいね。
自由研究ですから。

ピークは、8月13日の15時頃。

お昼になってしまいますが大丈夫。
星の時間はゆっくりと流れていますので、12日深夜から14日の未明(深夜3時~朝方6時頃)までは宇宙でこの天体ショーは続けられています。


晴れれば最高ですが、最悪雨でも、事前に調べた事をまとめた最後に

「雨で観られなかったのは残念でした。また機会があれば絶対に観たいです」

とでも書いておけば大丈夫です。(笑)
遠慮なく、事前調査をしておいてください。


また、夏休み以降の流星群情報を調べて紹介しておくと、発表なんかされて、更にそれがきっかけで実際に見に行くお友達が現れるかもしれません。

それは、とてもウレシイことですね。


例)おうし座南流星群・しし座流星群・ふたご座流星群 など

スポンサードリンク



小学生でも簡単にできる天体観測方法とは?

万が一流星群を見逃しても大丈夫。
星は、流星群以外でもたくさんありますので、天体観測は充分にできます。


そこで、あえて自分で星を探してみるのはどうでしょうか。


今は、PCやスマホを使えば簡単に星が見つかる時代ですが、はるか昔から人は星の位置で方角を知り、時間を確認していました。

それを踏まえ、一つの星を定めます。
本や図鑑(無ければ図書館へ行きます)で名前を調べる所から始めましょう。


いきなり星を定めるのは難しいと思われるのなら、一番見つけやすい「月」の位置を観察してみましょう。
この時、見える月の形も描いておくと面白いかもしれません。


その星が何時ごろに、自分の家のどの方向にあるのかを確認し、ノートに書き記しておきます。

それを1時間ごとに出来る限り確認して、ノートの同じページに時間と位置を書き記していきます。

この時のコツは、自分の身体の向きを変えない事。
方位磁石などであらかじめ自分が家のどちらを向いているのかを確認し、同じ方向から星の位置を書き留める事が大切です。


すると星が移動していることや、その方向進む距離までだいたい解ってきます。

それをまとめてみましょう。
素晴らしい自由研究レポートの出来上がりです。

さらにその星の名前が付けられた生い立ちや、発見者の名前などを調べてみると面白いことがわかるかもしれませんよ。


※これは、家の前やマンションのベランダなどでもできます。夜遅くに遠くへ出かけるのはやめましょう。
どうしても出かけたい場合などはは、必ずお父さんやお母さんと一緒に出掛けるようにしましょう。



まとめ

宇宙は、大人でも解けない不思議で満ち溢れています。

子供にとっても、とても身近な不思議と言えるでしょう。

その不思議を解明するのに難しい作業は必要ありません。
空を見上げることから始めましょう。

都会の街中でも、強く輝く星が意外と多い事に気が付けるはずです。
※夜は意外と冷えますので、暖かい恰好をして観測して下さい。

これを機会に星に興味を持てれば、夏だけでなく四季折々の天体観測を行ってみましょう。
また違った発見に出会えることと思います。

是非一度、試してみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑