生活に必要な栄養素と働き一覧 ダイエットの本当の意味とは?≪後編≫

最終更新日:2016/09/06

前回の【生活に必要な栄養素と働き一覧 ダイエットの本当の意味とは?≪前編≫】では、つい夢中になって栄養素の一覧を並べるだけに終わってしまいましたので、今回は後編として、題名の後半部分、ダイエットについてお話しさせていただきます。

とは言っても、効率の良いダイエット方法とか、楽に痩せる!などの類ではありません。

むしろその逆ですので、ココロして読んでくださいね。

スポンサードリンク



ダイエットの本当の意味と栄養素

最近、日本の女性は戦後で一番痩せているとの調査結果がでたとの報道がなされました。

戦後のあの、食料が無い時代よりも、現代の女性は痩せていると言われたのです。

しかし、ちまたではいまだにダイエット本が横行し、ダイエット番組は高視聴率を保ち続けています。

確かに、代謝の落ちた中高年が若者と同じ食生活をし、医者からダイエットを奨められる場合もありますが、多くの若者は数字にこだわり過ぎだと警鐘を鳴らす声も聞かれ始めるようになりました。

体重やカロリーを気にし過ぎて、必要な栄養素すら摂らなくなる若者が増えているそうです。


私は以前TVで、ダイエットの意味が日本と諸外国では違うという事を知りました。


日本では、ダイエット=痩せる ですが、
諸外国では、ダイエット=健康的な食事  という概念の差があります。


言葉自体の意味(辞書)も、ずばり『diet=食事』を表します。
それも、計画的な食生活の意味合いで使われ、転じて『食事療法』となったのだとか。

諸外国の方の意識が近いようですね。

ダイエットとは、ただ痩せればいいというものではありません。
体重計の数値を減らすことだけにこだわらず、バランスの良い食事を適度に摂って健康を保つ事だと、認識を改めて下さい。

スポンサードリンク



ダイエットの基準 痩せすぎと太りすぎの判断とは?

そうは言っても気になるのが女性の辛いところ。

特に日本人は、他者との平均化を求める性質が強いので、標準値にならないと安心できない方も多いようです。

では、具体的な標準値とは何でしょうか。

万人にもよりわかりやすくする為に、数値で表される世界基準が存在します。
WHOが肥満判定基準として定めた『BMI』です。

これは最近、生活習慣病予防のため日本でも使われるようになっていて、

 体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))

で求められます。

標準値が、日本人の体格で18.5~25.0未満(2015年現在)ですので、一度計算してみて下さい。
きっとあなたは標準値内にいらっしゃるはず。

ちなみにこの計算で行くと、155㎝で59㎏でもギリギリ標準です。

ですので、18.5より下の方は痩せすぎです。
無理なダイエットはせず、自分に必要な栄養素を把握してキチンとした食事を心掛けて下さいね。


※もちろん、医師から「太りすぎ」宣告を受けた方は別です。
 特に、BMI値が25.0以上の方は注意が必要です。

しかし、医師から適切な指導を受けつつ、身体に負担の無い健康的な痩せ方を心掛けて下さい。



ダイエットをする前に自分のプロポーションと黄金比を知ろう!

BMI値を計算して標準値となった方で、それでも自分は太っているんだと思われる方は、自らのプロポーションを見直してみましょう。


「ミロのヴィーナス」という像をご存知でしょうか?

ヴィーナスは美の女神。
ミロが創ったその像は、おへそを中心にした距離を「黄金比」で形成する事で、女性の理想ともいえるプロポーション表現しています。


もちろん、身体の造り、それも距離などは自分ではどうしようもないですが、胸の大きさやお尻の大きさ、くびれ具合などを黄金比に近づける事により、身体を美しく見せることが出来ます。


「痩せる」という概念を捨て、自らの身体を「整える」ダイエットをしましょう。


では、プロポーションの黄金比とは?

 正面 から見て、ウエストの幅を1とすると、

肩幅:バスト間隔(両乳房の間隔):ウエスト:ヒップ=1.6:0.8:1:1.4

の比率となり、 横から 見ると、

ウエスト:ヒップ:くびれ値=1:1.3:1/3

が理想との事。
※くびれ値=バスト背中位置からヒップの頂点を結んだ線とウエストの隙間の距離


難しい数値が並びましたが、要はダイエットにおけるカロリー計算と同じ。

自らのサイズを調べ、上の黄金比に当てはめてみて誤差を計算してみましょう。
あなたが整えなければならない身体の部位が見つかるはずです。

プロポーションさえ整っていれば、大柄だろうが小柄だろうが、痩せ型だろうがぽっちゃり型だろうが、美しく見えます。

プロポーションの黄金比を目指すことによって、きっと鏡の前に立つことが楽しくなってくるはずです。



まとめ

日本の女性は「痩せていれば美しい」という気持ちがどこかに存在するのは確かです。

それは世間の風潮なのか、男性の偏見なのか…。(笑)

体型を気にする方は、体型が目立たない服を着て合コンなどでも他の子に比べ控えめな席に座ります。

しかし私は、女性に本当に必要なのは『ダイエット』ではなく、『自信』なのだと思っています。

子育てに疲れ、ろくにダイエットもお肌の手入れも出来ていないと嘆かれる主婦も。
お母さんの手作りご飯がおいしくてついつい食べ過ぎてしまうお嬢さんも。

疲れるほど懸命に子育てをし、育て上げたその実績が素晴らしいのです。
つい食べ過ぎてしまうほど美味しいご飯を作ってくれるお母さんを持つあなたは幸せ者なのです。
joseitati1
だから、自信を持って顔を上げ、笑顔を見せてください。

それだけで女性はみな、十分に美しいのですから。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑