赤ちゃんが寝るときの寒さ対策はいつから?夜の授乳時の対策は?

最終更新日:2016/11/11

暑い時には熱中症、寒い時には風邪や寝冷え。

自分で主張できない分、赤ちゃんの暑さや寒さの対策は気になるところです。

いつ頃から対策をとればいいのか。
どうやって暑さ寒さを見分ければいいのか。
授乳のときはどうすればいい?

そんな、赤ちゃんが夜寝るときの寒さ対策を紹介します。

スポンサードリンク



赤ちゃんが夜 寝るときの寒さ対策は?

赤ちゃんは元々体温が高いので、寒さよりも暑さに弱いです。
手足の指先が冷たくなければ、多少冷えていても大丈夫。

基本赤ちゃんは暑がりなので、大人が少し寒いと感じるくらいの方が気持ちよく眠ってくれます。

しかし、お母さんが気になるようでしたら少しばかりの対策をしても良いと思います。

足先が冷たい ⇒ 靴下を履かせてあげましょう。
手が冷たい ⇒ 長袖が有効(手袋・ミトンなどでおしゃぶりが出来なくなるとグズる原因となります。)

ただ、上記の対策で汗をかくようでしたらすぐに脱がせてあげて下さい。

赤ちゃんは手足で体温の調節をしています。

寝汗をかくと気化熱で体温が奪われてしまい、逆効果となります。

 ※気化熱とは ・・・ 水分が周りの熱を奪って蒸発する現象で、この場合は汗をかいた後、その乾くときに体温を奪ってしまう事。

背中の寝汗は、冷えてくると体温を奪ってしまいますので、服と背中の間に一枚、肌触りのいいタオルを入れてあげると、暑い時は汗を吸ってくれますし、寒い時は防寒用にもなって便利ですよ。

あとは、お腹や背中を冷やさないよう、スリーパーか、腹巻を着せてあげる事をおススメします。(嫌がってしまう子もいるようですが)


また、赤ちゃんは寝ている時の運動量がものすごく多いです。

akachan-nezou1-small


これは、起きていた時に経験した様々な事を浅い眠りの中で学習(復習)しているためだと言われています。

いわば、赤ちゃんの寝相は必要不可欠な行為なのです。

この事から、赤ちゃんには布団のように上に掛けてあげるよりも、何かを着せてあげた方が寒さ対策には有効かと思われます。




赤ちゃんの寒さ対策はいつから始める?暑い寒いを見分けるコツ

残暑から肌寒くなる季節の変わり目は要注意です。

暑い暑いと思っていたら、ある日を境に突然夜が冷え込んだりしてしまいます。

時期的には、11月に入るくらいから意識し始める方が多いようですが、赤ちゃんにも個人差があります。

ですので、赤ちゃん自身が暑がらなくなったら考えてみると良いと思います。


では、赤ちゃんの暑いと寒いの区別はどこで見分けたらいいのでしょうか。

まずは首の後ろに手を入れて、汗をかいていたら暑いと思って下さい。
逆に、肩や首筋を触って冷たく感じたら寒いようです。

これから更に寒くなって暖房を付け始める時期になると、室温を20℃位に保てるのなら無理に厚着をさせる必要はなくなります。

ただし、暖房を入れるなら乾燥に注意して下さい。

寒さよりも、乾燥している方が赤ちゃんは風邪をひきやすくなります。
温度より湿度に気を付けてあげて下さい。

スポンサードリンク



赤ちゃんの寒さ対策 夜の授乳時はどうする?

どんなに寒い季節になろうが、たとえ夜中だろうが、赤ちゃんはお乳を欲しがりますので、世のお母さん達は大変です。

そんな寒い夜は、もちろん赤ちゃんの寒さ対策も必要ですが、肌を出すお母さんの寒さ対策も必要ですね。

まずは、前開きの寝間着を着るようにしましょう。
肩が隠れるだけで寒さは随分違います。

後はお母さんのお腹を包むように毛布を巻き、その上に赤ちゃんを乗せて授乳をすると、お腹も隠せるし赤ちゃんも寒さが和らぎ一石二鳥です。


また、冷たくなった手で赤ちゃんを触る事に躊躇われるお母さんが多いようです。

そんな場合は、少し強引ですが、服の上から脇や股に手を入れて温める事をおススメします。

脇や股は無意識でも自らの肌が触れ合う部分ですので、寒い季節でも比較的体温が高い部位です。
その体温を、冷たくなった手に分けてあげましょう。

ですが地肌に触るとお母さんが寒くて大変ですので、必ず服の上から挟んでくださいね。(笑)


そして、冷たい室内を暖めるのでしたら、小型のヒーター(ハロゲンヒーター)を授乳時に傍らで点けてあげると良いかと思います。

授乳が終わると止め、また授乳時間になったら点ける…を繰り返すなら、一番適しているのではないでしょうか?

ハロゲンヒーターなら点けてすぐに暖かくなりますし、広範囲でなく、お母さんと赤ちゃんの居る範囲だけを早急に暖めることが出来ます。

何より温風が出ないので、乾燥対策にもなります。

その時はぜひ、お母さんは肩から毛布などをかけ、ヒーターの温かい空気を後ろへ逃がさないようにして下さい。

お母さんと赤ちゃんの居る範囲程度なら、それぐらいで十分に暖かい環境を作れます。



まとめ

赤ちゃんには、恐ろしいほど環境に対して順応力があります。

自分の環境にあわせて成長してゆきますので、あまり環境を整えすぎると抵抗力の弱い子供になってしまいます。

確かに、風邪などには十分な注意が必要ですが、暑さはともかく、寒さに対してはあまり気にしすぎない方が良いかと思われます。

暑さ寒さも、赤ちゃんの成長には必要な環境です。

赤ちゃんの環境適応力を信じ、暑い時期には熱中症に、寒い時期には乾燥(風邪ウイルス)に注意するくらいで大丈夫だと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑