車椅子で清水寺へ紅葉を観に行く事はできる?開催時期と混雑予想 駐車場はある?

最終更新日:2016/09/26

京都の神社仏閣は、昔の建物らしく段差が多く観光しづらいのが難点でした。

しかし最近はバリヤフリーを意識して整備される建物が増えてきています。
ここ、清水寺もその一つ。

今回は車椅子用の迂回路や、身障者対応のトイレなどを紹介します。

スポンサードリンク



清水寺へ車椅子で紅葉を観に行く事は可能?

清水寺まで坂道が続きますが、足の丈夫でない方は「茶わん坂」経由で行くと、車で直接入口までつける事が出来ます。

車椅子の方なら、そこから防災用通路の車止め付近でインターフォンから寺務所に「車椅子での拝観です」と告げると、特別に車ごと境内に入れてもらえます。

そのまま本堂付近まで車で行くことが出来ます。

ちなみに、車椅子の貸し出しは行っておりません。


タクシーなどでは、事前に指示しないと坂の手前で降ろされる事多いので、あらかじめ運転手さんに相談してみると良いと思います。

 ※京都は日本随一の観光地ですので、タクシーは多くありますが、個人経営も多く注意が必要です。
 なるべく、連絡先のはっきりとしたタクシー会社を選択されると安心です。


境内は車いす用の参拝路が整備されていて、少し砂利はあるものの、本堂まではバリヤフリーで整えられています。

身障者対応のトイレもありますが、2カ所ですので、すこし余裕を持って行動される事をおススメします。

 車椅子境内参拝マップのダウンロードはこちらからどうぞ。


肝心の「清水の舞台」ですが、30㎝以下の段差が数段有り、車椅子の方お一人ではしんどいかもしれません。

しかし付き添いの方がいらっしゃるのでしたら全く無理という訳でもありませんので、ぜひ舞台の方まで足を運んで、絶景を楽しんでくださいね。



清水寺へ紅葉を観に行く!開催時期と混雑予想は?

清水寺の紅葉は、11月頃から色付き始めます。
見頃は11月中旬からと考えていいと思います。

また、ライトアップ(秋の特別拝観)も始まります。
 期間:11月14日~12月6日
 時間:18時~21時

夜の拝観は一度、昼の拝観客をすべて終わらせて門をいったん閉じてから始まります。


混雑は、やはりこの夜の拝観(ライトアップ)の期間でしょうか。

随分以前でしたが私が訪れた時は、人の頭しか見えず、思うように歩けなかった覚えがあります。

もちろんライトに照らし出された紅葉も大変きれいですが、ゆっくり紅葉を鑑賞されたい方は、午前中の拝観をおススメします。

このライトアップ時期は、平日ですと日中は意外と空いている事が多いです。

考える事は皆さん同じなのでしょうね。(笑)

スポンサードリンク



清水寺周辺の駐車場情報

清水寺境内には、一般車両が止められる駐車場はありません。

しかし車椅子でとなると、どうしても車での移動が必要となるでしょう。

 ※車いすで参拝の場合は、境内のスペースに駐車させて頂けるそうです。
  (混雑時はその限りではありません)
8/25追記


そこで、ここでは清水寺周辺の駐車場を紹介します。




 パークファースト清水茶わん坂 
駐車台数 40台


 きりん24茶わん坂 
駐車台数 3台


 タイムズ茶わん坂第2 
駐車台数 8台


 京都市清水坂観光駐車場 
駐車台数 普通車59台 バス55台

市営駐車場ですので安いのですが、午前中で満車になっている場合が多いです。
あまり期待は出来ないかもしれません。


 タイムズ五条坂清水寺前(タイムズ五条坂清水寺前第2) 
駐車台数 20台・16台


 清水門前駐車場 
駐車台数40台


清水寺周辺は、本当に観光地なのかと問いたくなるほど駐車場が少ないです。(笑)

≪注意!≫
紅葉観光時期は駐車場によっては観光車輌専用となる所があります。
事前に確認される事をおススメします。



まとめ

京都はもともと日本屈指の観光地なのですが、過ごしやすい行楽シーズンの秋ともなると、一気に観光客で混み合います。

また、古い街並みがそのまま残っている所が多く、車道が狭く混み合います。

ですが最近は寺院や社殿のバリヤフリー化も進んできてますので、早めの行動を心掛ければ、車椅子でも十分観光は可能です。

今年は、京都の秋の紅葉をぜひ堪能して下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑