神戸ルミナリエ2015時期と仕事帰りに観るイルミネーションの消灯時間

最終更新日:2015/09/17

阪神・淡路大震災後、鎮魂と復興の祈りから始まった神戸のルミナリエ。

昨今の様々な事情からその開催が危ぶまれていましたが、無事開催が決定しました。

会社帰りに気軽にイルミネーションを楽しむためにも、気になる開催時期と消灯時間を確認しましょう。

スポンサードリンク



神戸ルミナリエ2015開催決定!時期は?

今年は、資金不足が深刻化して開催が危ぶまれた神戸ルミナリエですが、
「何とか開催してほしい」との声に押されて、規模を縮小して開催される事が決定しました。


開催時期:12月4日(金)~13日(日)


期間が、昨年に比べると2日ほど短くなっています。

作品の規模も幾分か縮小されるようですが、日本初公開の回廊「ガレリアコペルタ」の公開など、毎年観に来る方達でも新鮮な構図を楽しめそうです。



会社帰りに神戸ルミナリエ!消灯時間は?

観光としても有名な神戸ルミナリエですが、観光客はやはり土・日に集中します。

平日は意外と地元の方が多く、また会社帰りなどの遅い時間を狙った方がツアー客などを避けることが出来るのでおススメです

2015年の詳細な時間はまだ発表前ですので、昨年の時間からの予想となります。
参考にして下さい。

平日は18時~21時(金曜は22時まで)
土曜は17時~22時
日曜は17時~21時半

空いてくるのは例年、平日の21時~22時頃なのですが、今年は規模の縮小の話もありますので、消灯が早まる可能性があります。

詳細は神戸ルミナリエの公式HPを確認ください。

スポンサードリンク



神戸ルミナリエ2015の開催場所と最寄り駅

時間はわかったけど、どこでやるの?
そう思われた方、すみません。

開催場所は「旧外国人居留地」及び「東遊園地公園」です。

ルートは、JR元町駅・元町商店街辺りから始まって、東遊園地公園まで続きます。
メイン会場は、その東遊園地公園となります。



見どころはもちろん、光の壁画「スッパリエーラ」



近くで観るのも迫力ですが、神戸市役所24階展望台から全体図を観る事も出来ます。

無料で、22時まで開いているので会社帰りでも十分観ることが出来ますよ。




まとめ

震災の年から21回目に突入した神戸のルミナリエですが、今後も継続して開催してゆくのはいろいろと大変なようです。

しかし、あの震災を忘れないためにも、また、続けてほしいという地元の声に応えるためにも、ぜひ頑張ってほしいものです。

仕事に疲れた寒い夜に、ルミナリエの輝きは元気をくれます。

元々が地域の「復興」を目的に開催されたのですから、地域の人々が元気になれるようにいつまでも開催し続けて頂きたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑