吉野山の桜開花予想 アクセスと駐車場やおすすめコースを紹介

最終更新日:2016/03/07

奈良の桜と言えば、吉野山の千本桜です。
下千本・中千本・上千本・奥千本と、3週間ほどかけて山々を桜色に染める景色は実に圧巻。

山深い場所にありながらも、毎年沢山の人が絶景を求めてお花見に訪れます。

そんな日本有数の桜の名所・吉野山の桜。
アクセスや駐車場情報はもちろん、見どころ・写真スポットも紹介します。

スポンサードリンク



吉野山の桜開花予想 見頃はいつ?

 ◆お花見 桜の見ごろ時期 

例年では4月3日~7日辺りに見ごろを迎え、15日頃には終わりとなります。

下千本 … 4/3~4/8頃
中千本 … 4/5~4/10頃
上千本 … 4/8~4/12頃
奥千本 … 4/15~4/18頃

yosinosakura4-small

今年は暖かいという事なので、15日頃ですと遅いかもしれません。

過去の情報からみても開花情報の満開予想時期には散り始めていることも多いので、全体的に3~10日くらいが見頃だと予想しています。
 (※奥千本は山奥にあるので、開花時期はもっと遅くなります。)


 最新情報は奈良県【吉野町公式HP】≪お花見情報≫ を参照してください。


 ◆料金 

入山料は無料です。(2016年現在)

しかし、ロープウェイの使用にはお金が掛かります。 ≫コチラ
また、お堂やお社の拝観にもお金が掛かります。 ≫コチラ



吉野山へのアクセス 駐車場はあるの?

吉野山へは、電車・バスなどの公共機関や車で行く事が出来ます。

しかし車は桜の季節は交通規制が掛かり、あちこちで渋滞が起こります。
時間通りに到着したいなら公共機関の利用が便利です。

車を利用される場合は、時間に余裕を持って行動される事をおススメします。

休日などは駐車場が混み合い思わぬ時間をとられたり、とても離れた場所の駐車場に案内されることもあり、かなり歩く羽目になるかもしれません。

また、駐車場は観桜期は有料になります。
駐車場によっては異なる場合もありますが、だいたい1,500円くらいです。

これは、桜の保全などにかかる管理料ですので、どうかご協力ください。


【近鉄吉野駅/吉野ロープウェイ】



最寄り駅は近鉄「吉野駅」ですが、手前の近鉄橿原神宮前からは大変混雑します。(約1時間)

なるべく特急券を予約しておく方が良いでしょう。
また、帰りの切符も確保(予約)してから入山するようにしましょう。

≪注意!≫
『吉野口駅』ではなく『吉野駅』が最寄り駅となります。
たまに間違える方がいらっしゃるようですので、ご注意ください。



駐車場は、ふもとにいくつか臨時駐車場が出来ますが、中千本の辺りにある如意輪寺にも駐車場があります。

しかし先にも述べましたが、桜の季節は交通規制が掛かりますので、事前確認が必要です。

 ※観桜期は日々情報が更新されますので、詳しくは奈良県 【吉野山観光協会 公式HP】をご確認ください。

 ■ 交通案内は   ≫コチラ 
 ■ 交通規制情報は ≫コチラ
 ■ 駐車場情報は  ≫コチラ
   (※全て吉野山観光協会HPに移動します。)

スポンサードリンク



お花見コース紹介 おすすめルートと写真スポット

吉野駅からはロープウェイ臨時バスを利用できます。
yosinosakura-ro-puwhei1
通常運行されているシャトルバスは、「竹林院~奥千本」のみの運行となり「吉野駅~中千本公園」までの臨時バスが運行されます。

ですがやはりロープウェイも臨時バスも、シーズン中はかなり混み合います。
特にシーズン中の土・日・祝日は、最大1~2時間の待ち時間が発生する事もあります。

待ち時間には余裕を持って行くようにしましょう。


また、山ですので4月であれど日当たりによっては肌寒くなります。
天候も変わりやすいです。

上に羽織れる物や雨具などを準備しておきましょう。


コースは時間や体力によって色々ですが、まずは全てを回るルートから見てみましょう。

ぐるっと一周コース
近鉄吉野駅 →(臨時バス)→ 中千本公園 →(徒歩5~6分)→ 竹林院前 →(ケーブルバス約10分)→ 奥千本口(散策) →(ケーブルバス)→ 竹林院前 →(徒歩5~6分)→ 中千本公園 →(徒歩散策・約1時間強)→ 黒門・吉野山駅 →(ロープウェイ・約3分/徒歩20分強)→ 千本口駅・近鉄吉野駅
 となります。

解りやすい地図を見つけました。 ↓↓
【吉野町公式HP】≫吉野山見て歩きPDF

奥千本まで全てを回るのでしたら1日がかりで考えておいた方が良いでしょう。
登山となりますので、それなりの登山準備をなさってから挑戦して下さい。

ですが、奥千本は開花時期が遅いので、中千本より1週間ほど見頃が遅れると考えておいた方が良いかもしれません。


 ◆おススメルート 

お花見としてのお手軽コースは、中千本公園から黒門までの散策です。

上り坂コース
ロープウェイ千本口から黒門へ向かい、中千本公園までの散策して臨時バスで吉野駅まで帰ってくるコース
下り坂コース
吉野駅から臨時バスで中千本公園まで行って下山しながら散策、ロープウェイ吉野山駅から近鉄吉野駅へ帰ってくるコース
 の2通りがあります。

ロープウェイから中千本までの道中に「吉水神社」や「金峯山寺(きんぷせんじ)・蔵王堂」があり、散策には持って来いのコースです。

(ちなみに、奥千本には「金峯神社」があります。まぎらわしいですがお間違いの無いように。)


少し頑張ってみるコース
少し足を延ばして上千本辺りまで行きますと「花矢倉展望台」という絶景写真スポットがあります。(中千本公園から徒歩約50分弱)

写真を撮りながら下り道を散策すれば、満足の行くお花見が楽しめるかと思います。


 ◆展望・写真スポット 

上千本:花矢倉展望台から見下ろす蔵王堂周辺の桜
中千本:吉水神社から見る一目千本桜
奥千本:金峰神社(世界遺産)眼下に拡がる桜景色
 …などがあります。

ちなみに…
 絶景スポットで有名な下千本・中千本の「吉水神社」は上千本・奥千本を見上げる形になりますので、あまり早い時期(4月の3~7日頃)だとまだ桜の景色が望めない可能性があります。

 逆に上千本の絶景スポット「花矢倉展望台」ですが、こちらは中千本方向を見下ろす景色になりますので遅い時期(12日以降)ですと桜が終わっているかもしれません。

絶景スポットを目指すなら、時期に気を付けて日程を決めるようにしましょう。



最後に。

これから穏やかな桜の季節が始まります。

多くの名所の中でも吉野山の桜は日本でも有数の桜の名所と言われていて、毎年、普段は静かなこの山も多くの観光客で賑わいます。

せっかく遠出をしてお花見されるのですから、皆さんに楽しんで頂きたい。

そのために色々と細かい規制やお願いをされることがあるでしょう。
ぜひお互い譲り合って、マナーを守って楽しい一日を過ごして下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑