お中元やお歳暮の断り方と文例 受け取り拒否は可能?詫び状への対処

最終更新日:2016/08/12

部下や取引先などから贈られてくるお中元やお歳暮を断りたい。

そう思っていても今後の関係性やお付き合いを考えると無下には断れない。

そんなことってありませんか?

できれば相手を不快にさせずにこの煩わしい季節のお付き合いから手を引きたいとお考えのあなたへ。

お中元やお歳暮の段階的な断り方を紹介します。

スポンサードリンク



お中元やお歳暮の断り方と文例

「儀礼廃止」がうたわれはじめる昨今、このようなお付き合いを何とかして辞退したいと思われている方も増えてきているようです。

しかし、今後ともお付き合いは続きますし、気まずくはなりたくありません。

そのようなときは、まずはお礼状に断り文を添えて送ってみましょう。

【文例(企業・ビジネス関係)】

拝啓 猛暑の候(寒冷の頃)、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度はお心遣いの品をお贈りいただき誠にありがとうございます。

この様なご厚意を頂いておきながら大変心苦しいのですが、弊社では従来よりお受けできない取り決めとなっております。

事前にお知らせしておりませんでしたことをお詫び致しますとともに、今後このようなお気遣いを頂きませんようお願い申し上げます。

不躾なお願いで誠に申し訳ございませんが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具


【文例(部下・個人)】

拝啓 猛暑の候(寒冷の頃)、いかがお過ごしでしょうか。

この度はお心遣いの品をお贈りいただきましてありがとうございます。
家族一同大喜びで(「美味しくいただきました」または、「使わせて頂いております」)。

この様なご厚意に対し大変心苦しいのですが、今後はこの様なお気遣いをされませんようお願い申し上げます。

暑さ(寒さ)厳しい日が続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

敬具


この時の注意点は、あくまでも「お礼状」として贈って頂いた事へのお礼が優先だということ。

お断りは、最後に書き添える形で書いておきましょう。


同等品かそれ以上の額の品物を贈るのが通例と言われていますが、断りたい人数が多いと大変ですよね。

なので、まずはお礼状だけで意思表示してみましょう。

大抵の方はこれで察してもらえると思います。


それでも社交辞令や遠慮と取られてしまい、次に再度お中元やお歳暮が贈られてくることもよくあります。

その場合は、同等品かそれ以上の額の品物を用意して相手に贈り返しましょう。

その際にもお礼状を兼ねたお断り文を添えます。

【文例(部下・個人】

拝啓 猛暑の候(寒冷の頃)、いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度はお心遣いの品をお贈りいただき誠にありがとうございます。

この様なご厚意を頂いておきながら大変心苦しいのですが、今後このようなお気遣いを頂きませんようお願い申し上げます。

不躾なお願いで誠に申し訳ございませんが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

暑さ厳しき折、どうかご自愛くださいませ。

敬具
今度は少し断りの部分を強調します。

また、企業同士のビジネスとしてのやり取りの場合は、新たな品物を贈ることはせず、一度受け取ったお中元やお歳暮を開封せず上から包み直して、再度お礼状を兼ねたお断りの手紙を添えて贈り返しましょう。

その際ははっきり「受け取らない」旨と、贈り返す事への「お詫び」を明記します。

【文例(企業・ビジネス)】

拝啓 猛暑の候(寒冷の頃)、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度はお心遣いの品をお贈りいただき誠にありがとうございます。

この様なご厚意を頂いておきながら恐縮ですが、弊社では従来より贈答のお品はお受けできない取り決めとなっております。

今回贈りいただきましたお品はお気持ちだけ頂戴しまして、失礼とは存じますが返送させて頂きます。
誠に勝手なことでありますが弊社の規定にて、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、貴社のますますのご隆盛とご活躍をお祈り致しております。

敬具



お中元やお歳暮を受け取り拒否はできる?

okurimono-kotowaru2

まれに空気が読めないのかわざとなのか、何度断っても贈り続けてくる場合があるようです。

同等品を贈り返し、さらにお断りの手紙も書いているのにお中元やお歳暮を贈ってくる・・・

このような場合は仕方ありません。

贈られてきたお中元やお歳暮を運送会社から受け取らない、「受け取り拒否」をしてしまいましょう。


もう贈ってきても受け取らないという究極の意思表示ですね。


届けに来た運送会社に「何度も断っているから受け取らない」と言っておけば送り主に受け取り拒否の理由として伝えてくれる事もあります。

角は立ってしまいますが、この際仕方がないでしょう。


角が立たないようにと断り続けた気持ちを相手が無視した訳ですから、このような相手に気を遣う必要はありません。

こちらの意思をはっきり伝えるといいですよ。

それでも気になるのであれば受け取り拒否した後にお詫びと、今後は贈っても受け取れませんと記した詫び状を送っておくといいでしょう。

スポンサードリンク



お詫び状が送られてきた場合の対処は?

お断りの礼状を送ったら、相手から恐縮した「詫び状」が送られてきてしまった。

気になるけどどうしたら良い?


そんな風に悩まれる場合もあるかと思いますが、この場合は何もしなくても良いと思います。


相手も、こちらの気持ちを汲み取ったことの連絡を兼ねて、お断りという手間を掛けさせたことへのお詫びの気持ちを伝えているだけですので、その気持ちを受け取れば大丈夫です。

次回からは贈ってこないと思います。


詫び状の詫び状・・・なんて事態になると収拾がつかないですし、訳が分からなくなってしまいます。(笑)


どうしても気になる場合は、会う事がある相手ならその際にひと言「怒ってない」旨を言っておくといいですし、合わない相手なら電話などで「別に気にしてないのにかえって気を遣わせて申し訳ない」旨を連絡してもいいでしょう。

しかし、やり過ぎるとかえってお互い気まずくなりますので、お詫びの気持ちだけ受け取って何もしないのがおススメです。



まとめ

お中元お歳暮というのは、古来より日本が行ってきたご挨拶の習慣です。

しかし近年は儀礼的な意味合いが大きくなり、またインターネットやSNSの普及などにより相手とのコミュニケーション手段が豊富になった事から廃止されるケースが増えてきています。

寂しい事ですが、時代の流れというものなのでしょうか。

この様な「ご挨拶」は辞め時が難しいものですが、焦ると相手との関係性を壊しかねないので、決して焦らず、段階的に進めてゆかれる事をおススメ致します。


お歳暮について他にも色々書いています。

・贈り物について
お歳暮にカタログギフトや商品券は失礼?
・断りたい時は
親同士のお歳暮は贈るべき?角の立たない断り方は?
・断られたのかも?
お中元やお歳暮が断られたのかわからない場合の対処法
・喪中の場合
お歳暮を喪中の相手に贈っていい?お礼状の書き方注意点
お歳暮マナー 自分が喪中の時は贈って良い?お礼状の書き方
(故人宛てのお歳暮対処法も書いてます)


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑