青森ねぶた祭の場所取り方法や時間と見どころ 花火はある?日程も紹介

最終更新日:2016/08/05

1980年(昭和55年)に国の重要無形民俗文化財に指定された青森県のねぶた祭り。

東北の三大祭のひとつとして名を連ねるこのお祭りは、日本どころか世界でも高い評価をうけるお祭りです。

巨大な「ねぶた」が街中を練り歩くその迫力は、間近で見るとまさに圧巻。

そんな東北の短い夏を熱く彩る「青森ねぶた祭」の場所取り方法や見どころを紹介します。

スポンサードリンク



青森ねぶた祭の場所取り方法と適切な時間

ねぶたは大きいので、開始直前に行っても観る事は出来るでしょう。

大勢の「人の壁」の向こう側になりますが。

当日のねぶた運行時には会場は物凄く混み合いますので、じっくりねぶたを堪能したいのであれば、やはり早めに場所取りしておく事をおススメします。

 ※迫力のねぶたを写真におさめたい方は「ねぶた祭をキレイに撮影するコツ」で紹介しています。


といっても、ねぶたは街道を練り歩きますので、秋田(大曲)の花火のように前日からの場所取りは出来ませんし、必要もありません。


場所取りが可能となるのは、街道に交通規制がかかってからとなります。


交通規制がかかるのは例年18時前くらいなので、その頃から一気に場所取りが始まります。

しかしそれまでも15時くらいから警備の方の背中に落ち着かない人々は集まりだします。(笑)


遠くからゆっくり近づいてくるねぶたや、周りで踊るハネトを堪能されるのであれば、ぜひ頑張って前列を狙う事をおススメします。

 ※ハネトについては「青森ねぶた祭はハネトで踊ろう!」でお話しています。

最前列を狙うなら、遅くても17時頃からアタリをつけておきましょう。
(注)あまり早いとさすがに警備の方に注意されます。街道ですから。



ねぶたの運行コースと見どころは?

ねぶたは青森市内の街道「新町通り」「平和公園通」「国道」「八甲通」を練り歩く事になります。

 ※詳しくは公式HP「運航スケジュールとコース」に記載されています。


一番迫力を楽しめるのが「国道」から「柳町通」へと向かう交差点付近ですが、この辺りは場所取りでもかなりの激戦が予想されます。

交通規制は18時頃なので、4カ所の交差点付近はいずれも一斉に場所取りが始まります。


逆に「新町通」は国道に比べて道幅が狭いので、ねぶたがより間近に感じられて良いのではないでしょうか。

ただし時間が押し迫ると、最終地点の付近では「ねぶた」全部が通らない可能性があります。
 ※一周できなくても、ねぶたは21時には終了してしまいます。


ゆっくり堪能したいのであれば、初めから交差点は避け、「平和公園通」か、「国道」の直線部分前列を探すといいでしょう。

ただ、良い場所はすでに有料席になっている事が多いので、前列が取れなかった場合は椅子席ではなく桟敷席の後ろを狙いましょう。


また、ねぶた祭りを体験する前に「ねぶたミュージアム」を訪れておくのもおススメです。

過去に練り歩いた「ねぶた」が展示されていて、間近でねぶたの迫力を感じることが出来ます。

手が届くところまで近づけるほか、実際に触れることが出来るブースもあります。


展示されたねぶたの意外な細やかさをじっくり堪能した後で、お祭りで実際動いている所を観るとさらに感動できますよ。

入館料:大人600円・高校生450円・小中学生250円(2016年5月現在)
アクセス:JR青森駅から徒歩1分
 ◆開館は9時からです。

スポンサードリンク



青森ねぶた祭の日程と由来 花火はあるの?

最後にお祭りの基本情報を。

開催日
8月2日~8月7日(雨天決行)
時間は、19時頃から始まります。


場所はJR青森駅前 徒歩約10分。

 [ 新町通り → 平和公園通り → 国道4号線 → 八甲通り → 新町通り ]

と、青森市内の街道をねぶたが一周します。
※一周できなくても21時には終了します。


  ◆ スケジュール ◆  

ねぶた祭は8月2日~7日とされていますが、8月1日に前夜祭があります。
この日は、ねぶたは練り歩きませんが花火が上がります。


2日・3日は、一般とは別に子供ねぶたがあります。
しかし大型ねぶたの参加は少なめです。


4日~6日は、大型ねぶたが揃い、いよいよ祭りも本番に。

特に6日には、ねぶた大賞他、今年の賞を受賞したねぶたが練り歩きます。
最高潮に盛り上がる日ですね。


最終日の7日だけは昼の部もあり、日中をねぶたが練り歩くさまが楽しめます。

ただ夜は、ねぶたは海上に移ってしまうのでハネトも居ないし、今ひとつ盛り上がりに欠けます。
※花火大会があるのは7日です。(19時15分頃から「青森港」にて)


つまり1日と7日の夜には花火を観ることが出来ます。

花火とねぶた両方楽しみたいなら7日ですが、7日の夜にねぶたが練り歩く事はありません。


一説では、七夕の「灯籠流し」が始まりだったとされる「青森ねぶた祭」。

ねぶたは灯籠だったのですね。

今では立派な「山車」に乗り、「ねぶた」として青森の街中を練り歩いています。



まとめ

青森のねぶた祭りは花火もあがりますが、あくまで「ねぶた」が主役です。

交通規制がありますので、慌てて場所取りする必要はりませんが、良い場所で観たいなら運行時間前には場所に狙いをつけておいた方がいいでしょう。

ねぶた祭は、ねぶたが夜を照らし練り歩く迫力と、お祭りを彩るお囃子や元気の良いハネト達で盛り上がる、東北の方の誇りを感じる熱いお祭りです。

今年はぜひ、ねぶた祭りの熱気にあてられに出掛けてみませんか?


 関連記事(サイト内記事)

 ・参加型で楽しみたい方は「「青森ねぶた祭はハネトで踊ろう!参加方法や注意点
 ・キレイな写真が撮れない!という方は「ねぶた祭をキレイに撮影するコツ

 こちらもぜひ参照ください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑