読書感想文おすすめ本の選び方2017年コンクール課題図書から紹介

最終更新日:2017/10/08

夏休みに入って宿題に読書感想文が出た。

でも読書なんかしないので何を読めばいいのかわからない。
読み慣れていないので、面白い本がわからない。

そんな、 本なんか読まない。何を選べばいいかわからない。

という方へのおススメ本に、2017年読書感想文コンクール課題図書を紹介します。

スポンサードリンク


読書感想文おすすめ本をコンクール課題図書から紹介

楽天ブックスさんがとてもわかりやすく課題図書を紹介して下さっていたので紹介しますね。

こちらからどうぞ。
  ↓ ↓
2017年青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」/楽天ブックス



いかがですか。





以前にも記事に書かせて頂いているのですが、私個人としては「本はコレが面白い!」とおススメするのはあまり好きではありません。

何故なら、私は人の好みはそれぞれで、好きではない本を読むのは本人にとって苦痛でしかないと思っているからです。

ですが、

  • 宿題なのに、何を読んでいいのかわからない。

  • 普段本なんか読まないからとっかかりが掴めない。


  • という方が多いようですので、

      わからないなら取りあえずコレを読んでみて下さい!
      課題図書になるくらいだから、学校からダメって言われる事はないでしょう!



    という意味で少し強引におすすめさせて頂いています。


    課題図書と聞くと「面白くないの?」とか「おカタくて読みにくいんじゃあ・・・」なんて思われるかもしれませんが、大丈夫。

    そこは推奨される課題図書だけあり、どれもテーマがはっきりしていて読んでみると何かを感じる事ができる本だと思います。


    この中で本を選ぶ場合の選び方は、まずこの課題図書の一覧からあらすじを読んで、魅かれる部分がある本を選んでみましょう。


    私が個人的に興味を魅かれた課題図書を紹介

    では次は、課題図書の中で私が興味を魅かれた本を紹介します。

    あらすじを読んでみてもピンとこない方は、とりあえずこの本から読んでみてはいかがでしょう。


      小学生低学年(1~2年生) 

    ばあばは、だいじょうぶ (童心社) 2017年課題図書・小学校低学年の部1・2年生

    価格:1,404円
    (2017/6/29 14:56時点)


    ばあばは、だいじょうぶ

    大好きなお婆ちゃんの痴呆症というお話ですが、痴呆症のお年寄りとの付き合い方というのは、今の子供達にとっても身近なテーマです。
    そして家族とのお別れ・・・まだ小さな子供でも心に響くお話だと思います。


      小学生中学年・高学年(3~6年生) 

    空にむかってともだち宣言 (国土社)2017年課題図書・小学校中学年の部3・4年生

    価格:1,404円
    (2017/6/29 14:57時点)


    空にむかってともだち宣言

    これから国際社会へと移り変わってゆく時代の子供達にぜひ読んでもらいたい。
    人種や文化・価値観の違いは友達になることに、友達でいることに壁となるのか。
    まだ柔軟な考え方のできる子供のうちに考えてもらいたいテーマです。

    チキン! (文研出版)2017年課題図書・小学校高学年の部5・6年生

    価格:1,404円
    (2017/6/29 14:59時点)


    チキン!

    正しい事は良いこと。
    正直であることは大切なこと。
    しかし頑(かたく)なに正しく、正直にぶつかるだけでは自分も、周りも傷つけてしまう。
    そんな大人でも難しいテーマを考えさせてくれる物語。
    正義を信じ、でも集団の中でそれを通す事の難しさを感じ始めるそんな年代の子供達に読んでもらいたい本です。


      中学生  

    円周率の謎を追う (くもん出版)2017年課題図書・中学校の部

    価格:1,620円
    (2017/6/29 15:00時点)


    円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦

    物事にハマることの面白さ。
    常識を疑って答えを探す難しさ。
    「好き」を突きつめる大切さ。
    読後に自分の将来を考えてもらいたい、そんな物語です。


      高校生  

    犬が来る病院 (角川書店)2017年課題図書・高等学校の部

    価格:1,620円
    (2017/6/29 15:01時点)


    犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

    死と闘う患者(子供)達とその家族・その人生に触れた人々の葛藤を描いたノンフィクション作品。
    生と死について深く考えさせられます。
    医療や福祉に興味のある高校生に一度読んでもらいたい本です。
    ・・・泣きます。


    読書感想文のおすすめ本を紹介してみて・・・

    年代別に記してみましたが、興味を魅かれたなら年齢層が上の本でも読んでみていいと思います。


    あの子役で有名な読書家の芦田愛菜さんも、中学生でありながら好きな本が

    山中教授の自伝書『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』

    なのですから。


    かくゆう私も、小学生の頃は

    『怪人二十面相』少年探偵団シリーズ/江戸川乱歩・著


    『ああ無情~レ・ミゼラブル~』/ヴィクトル=マリー・ユーゴー・著

    が好きでした。
    (※もちろん小学生用に書かれていたものですが。(笑))


    「好きこそものの上手なれ!」という言葉があるように、あなたの好きなものが一番あなたの勉強になります。


    夏休みの宿題と言う強制は、逆に言えばいい機会です。

    これを機に自分の好きな本を探してみてはいかかでしょうか?


    さあ読む本が決まったら、さくっと感想文も書いてみましょう!

     = サイト内記事 =
    読書感想文の書き方 書き出しやコツ あらすじの割合とお薦め本は?






    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    
    error: Content is protected !!
    PAGE TOP ↑